技能実習制度とは

団体監理型技能実習制度とは

技能実習制度は、我が国で培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与することを目的として創設された制度です。
団体監理型技能実習では、実習実施者(企業)は、監理団体を通じて技能実習生を雇い入れ、実習を行わせます。

技能実習生受入の流れ

 実習生は、おおまかに次のステップを経て実習を開始します。
1.現地での応募、面接 ※現地送り出し機関による
2.実習実施者による現地での面接
3.合格者に関する申請書類の提出
4.申請書類の審査・認可
5.入国後、一か月の国内講習
6.企業での実習開始

受入可能職種について

受入れ可能な職種一覧については、外国人技能実習機構ホームページー技能実習で<受入可能な職種情報>へ。ふれあい事業協同組合では、建築関係、農業関係および食品製造関係職種の受け入れ実績があります。

受入可能人数について

・受入可能人数は企業の常勤者数によって決まります。
・1号技能実習生が2号に移行した時などに、新たに1号技能実習生が受入可能になります。
・2号まで実習を行う場合、3年目に受入可能人数の3倍となります。
・なお、3号技能実習生を受け入れようとすると、実習実施者は外国人技能実習機構へ優良企業の申告を行います。
・優良企業として認められると、1号の受入れ可能人数も2倍になります。